toggle

Salon

Salon info

address 〒167-0052 東京都杉並区南荻窪4-29-10 大林ビル1F
business hours 10:00~20:00
カット受付  19:00まで
パーマ/カラー受付  18:00まで
shop holiday 毎週火曜日・第3水曜日
reservation 03-3333-3760(ご予約)

Access map

One point

紫外線について
紫外線は肌だけでなく、髪にもたくさん降り注いでいるのはご存知ですか?
長時間、紫外線を浴びると、髪もごわついたり、絡んだり、ひどいと変色するなどの悪影響を及ぼします。
UV対策は、スキンだけでなく髪にも同じくらいのケアをしてあげましょう。
スキン用のUVクリームなどはたくさんあるのに、髪用のモノは少ないのが現状です。
AVISでは、評判のよい髪用のUVクリームやUVスプレーをご紹介しています。
何かつけたいけど、よく分からない方は、スタッフまでお問い合わせください。
「気づいたときにはもう手遅れ!」なんてなる前に、髪をいたわってあげましょう。
へナについて
正式な植物名ローソニア、日本名シコウカという植物の葉を乾燥させて粉末にしたものです。
昔、クレオパトラが愛用していたのは有名な話しですが、東南アジア、中近東、北アフリカなどでも遥か以前から宗教的な儀式や結婚式で頭髪や手、足、爪に彩色したりと重宝されてきたようです。
中でもインドのへナは有名で、ラジャスタン地方とグシュラート地方のものが最も品質がよいとされています。(AVISではラジャスタン地方のものを使用しています。)
粉末にしたものを、一人あたり100g、60~70℃のお湯で溶いて、髪に塗ってゆきます。専用のヘアーキャップで20分前後加温し、そのあと軽くクーリングしてお流し、シャンプーします。
毛髪に、へナ独特の自然なツヤが出て、ハリコシを与えます。(3、4回ほど繰り返すと、より深い色味とツヤが出てきます。)
ヘアマニキュアよりも、髪の中心に向かって深く色が入り、色落ちも少ないのが特徴です。髪へのダメージは全くありませんし、トリートメントとしてもお勧めです。
シャンプー、トリートメント について
シャンプー前の予洗いは、たっぷりと時間をかけましょう。
(キューティクルが開いて、髪の汚れの70%はこの段階で落とせます。)
シャンプー剤は2プッシュほどの適量を手のひらにとって、たっぷり泡立ててから髪の根元・中間側になじませます。(3、4回繰り返します。)
つぎに、指の腹で頭皮をしっかりマッサージする感覚で、ていねいに洗います。
すすぎはしっかりとしてください。(シャンプー剤の洗い残しは抜け毛やフケ、かゆみの原因になります。)
毎日シャンプーされている方は、1シャンでOKですが、2、3日周期の方は、2シャンが理想です。
つぎに、両手である程度水気をとってから、トリートメントを手のひらにのせ、髪の中間・毛先中心に馴染ませ、左右の手で交互に20回ぐらいやわらかく感じるまでもみ込んでいきます。(ニーディングといいます)もみ込むことが、トリートメント成分の浸透をはやめます。
その状態のまま2、3分放置してから、すすぎ流します。
タオルドライは、摩擦で、キューティクルがはがれない程度にしっかりとしましょう。髪が濡れたままだと、キューティクルが開いたままの状態です。痛みやすいので、早めにドライヤーで乾かしましょう。
アヴィスでは2、3ヶ月に一度、頭皮のクレンジングまたは、デトックスをおすすめしています。ご自宅でのシャンプーでは落とし切れない毛穴につまった老廃物を取り除き,健康な髪と頭皮をキープしましょう。